数年前、初めてファッションヘルスに行った時の話です。
すすきのの風俗店でした。
入店には、かなり緊張しました。

まずは、受付です。
Sグレード15,000円、Aグレード12,000円、Bグレード8,000円で、お金がないので、Bグレードを選びました。
緊張して受付を済ませ、案内を待っていました。
5分くらいでヘルス店の個室に通りました。

僕は、ヘルスにはギャル系の人が多いのかと想像していましたが、部屋に入ってきた子は、黒髪、明るくスタイル抜群で色白の20歳くらいの子でした。カナちゃんという名前でした。
芸能人でいうと北乃きいに似ています。
とてもあか抜けていて、積極的に話しかけてきました。
性格も穏やかでSでもMでもなさそうでした。
超緊張したのですが、40分しか持ち時間がないので、服を脱ぎました。

Bグレードは、40分でおっぱいを触って、ローション手コキという内容でした。
「Aタイプだと、私のアソコも触れて、キスもできるのに」と言われましたが、手持ち金がないと話し、サービスを開始してもらいました。

北海道の田舎から来た私は、このようなあか抜けた、かわいい女子と話したことは生まれてから1度もありません。こういう子は、私の周りに一人もいません。

あっという間にギンギンになりました。
カナちゃんは、「特別だぞ」と言って、私にキスしてきました。
まるでカナちゃんと付き合っている恋人のように感じました。
なぜなら本当の彼女は、最中もこんなに明るくありませんから。
カナちゃんは、ローションを手に付けて、私の股間に触れてきました。大変残念ではございますが、その瞬間花火を上げてしまいました。
スタートから20分くらいの出来事でしょうか?
その後時間まで、カナちゃんと北海道の事について話しました。カナちゃんは、楽しそうに僕のつまらない話を聞いてくれました。

僕のデビュー戦の話をさせて頂きました。